新しい木造建築材

利用例

平野みらい薬局

この建物の主用途は調剤薬局で、薬を受け取りに来られた方がこの建物の持つ清潔感と温かみを感じ、心地良くリラックスしていただける空間を目指した。内部の空間は天井と一部壁にCLT現し、またCLTの厚みがある小口を見せることで、他構造とは一味違う、柔らかく安心感ある内観とした。
  • No.118_01_平野みらい薬局_写真撮影:三崎利博
  • No.118_02_平野みらい薬局_写真撮影:三崎利博
  • No.118_03_平野みらい薬局_写真撮影:三崎利博
  • No.118_04_平野みらい薬局_写真撮影:三崎利博
  • No.118_05_平野みらい薬局_写真撮影:三崎利博
  • No.118_06_平野みらい薬局_写真撮影:三崎利博

写真撮影:三崎利博

竣工
2019年3月
延べ床面積
302.58m2
使用したCLT
107m3
CLT利用部分
床・壁・屋根
CLTサイズ
(最大)6575 x 2125 x 210mm
構造
CLT工法
設計ルート
ルート1
防耐火
-
用途
調剤薬局
所在地
愛媛県今治市北宝来町2丁目4−6
設計
島田治男建築設計事務所
施工
㈱タニグチ

日本CLT協会とは...

CLTを建築構造材として使用できるようにすること、また、将来的にはCLTを用いた中層や大規模の建築を可能にすることを目的として、2012年1月に設立されました。2014年4月からは「一般社団法人」となり活動しています。
詳しくは→

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る