新しい木造建築材

利用例

JR九州・熊本支社

事務所棟の屋根はCLTパネルを勾配屋根のように組み合わせ、室内の中間に柱や壁のない大空間を生み出してる。あわせてCLTパネル仕上材としてを現しで使用することでぬくもりのある開放的な空間とした。また構造補強材のタイバーに照明BOXやレースウェイを取付けることで設備配線を隠蔽しスッキリとした納まりとした。
  • No.082_1(提供:九州旅客鉄道)s-IMG_8121
  • No.082_2(提供:九州旅客鉄道)IMG_7682
  • No.082_3(提供:九州旅客鉄道)IMG_6740
  • No.082_4(提供:九州旅客鉄道)IMG_6819
  • No.082_5(提供:九州旅客鉄道)IMG_6903
  • No.082_6(提供:九州旅客鉄道)IMG_7795
  • No.082_7(提供:九州旅客鉄道)s-IMG_8098
  • No.082_8(提供:九州旅客鉄道)s-IMG_8112
竣工
2018年3月
延べ床面積
3,109.01m2
使用したCLT
330m3
CLT利用部分
壁、屋根
CLTサイズ
(最大) 210x 2,000 x 5,000mm(5層7プライ)
構造
鉄骨造 一部木造(CLT造)
設計ルート
ルート3
防耐火
鉄骨造:耐火建築物 木造:準耐火建築
用途
事務所
所在地
熊本県熊本市西区春日3-15-43
設計
(意匠)㈱安井建築設計事務所 (構造)㈱安井建築設計事務所、住友林業㈱
施工
九鉄工業㈱

日本CLT協会とは...

CLTを建築構造材として使用できるようにすること、また、将来的にはCLTを用いた中層や大規模の建築を可能にすることを目的として、2012年1月に設立されました。2014年4月からは「一般社団法人」となり活動しています。
詳しくは→

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る