新しい木造建築材

利用例

南東北春日在宅センター

木造3階建てにおいて、床CLTで水平面剛性を確保している。2階と3階の各階でCLT+異なる床仕様の組み合わせによる遮音性能測定を実施。木造の医療系福祉施設における床性能値を計測した。
  • No.081_1(提供:藤寿産業)1.外観(北西面)
  • No.081_2(提供:藤寿産業)24.3階会議室
  • No.081_3(提供:藤寿産業)22.2階静養室
  • No.081_4(提供:藤寿産業)5.外観(西面)
  • No.081_5(提供:藤寿産業)26.3階事務所(2)
  • No.081_6(提供:藤寿産業)32.階段

写真提供 :藤寿産業㈱

竣工
2018年2月
延べ床面積
1309.45m2
使用したCLT
70m3
CLT利用部分
床、壁、階段
CLTサイズ
(最大) 150x2,300 x10,000 mm(5層5プライ)
構造
木造ラーメン構造+CLT
設計ルート
ルート1
防耐火
準耐火建築物(1時間)
用途
病院(介護老人保健施設)
所在地
福島県須賀川市南上町84-1
設計
(意匠)荒牧建築設計事務所 (構造)Tプラス一級建築士事務所
施工
(建築)荒牧建設㈱

日本CLT協会とは...

CLTを建築構造材として使用できるようにすること、また、将来的にはCLTを用いた中層や大規模の建築を可能にすることを目的として、2012年1月に設立されました。2014年4月からは「一般社団法人」となり活動しています。
詳しくは→

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る