新しい木造建築材

利用例

高取の家

床版にCLT版を用いた木造住宅。5層5プライのCLT版の下1層目に配線用の溝を加工して搬入する事で天井・床仕上げ工事をなくしローコストでの木仕上住宅を画策した。CLT版と支持梁の取り合いは梁側面にダボ加工を施した落とし込みとし梁下端面とCLT下端面を揃え一枚版で構成された空間と見えるよう工夫した。
  • No.079_1(提供:岡本建築設計事務所)夕景2
  • No.079_2(提供:岡本建築設計事務所)1F応接1
  • No.079_3(提供:岡本建築設計事務所)1F応接2
  • No.079_4(提供:岡本建築設計事務所)1F書斎2
  • No.079_5(提供:岡本建築設計事務所)1F中庭2
  • No.079_6(提供:岡本建築設計事務所)2Fダニング
  • No.079_7(提供:岡本建築設計事務所)軒見上
  • No.079_8(提供:岡本建築設計事務所)夕景3

写真提供:岡本建築設計事務所

竣工
2017年12月
延べ床面積
162.82m2
使用したCLT
31.73m3
CLT利用部分
2階床、2階天井
CLTサイズ
(最大)150 x 1,800 x 5,400mm(5層5プライ)
構造
木造
防耐火
防火構造
用途
住宅
所在地
広島県広島市安佐南区高取北4-21-22
設計
(意匠)岡本建築設計事務所 (構造)照井構造事務所
施工
(建築)D・Uコダ

日本CLT協会とは...

CLTを建築構造材として使用できるようにすること、また、将来的にはCLTを用いた中層や大規模の建築を可能にすることを目的として、2012年1月に設立されました。2014年4月からは「一般社団法人」となり活動しています。
詳しくは→

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る