新しい木造建築材

利用例

石倉沢橋

CLTを橋梁の床版に活用した林道橋。設計自動車荷重は14tf。4枚のCLTはそれぞれ異なる耐水処理を施し、耐久性を検証。同様のCLT床版橋は秋田県内に3件あり。
  • No.062_1(撮影:秋田県立大学木材高度加工研究所).JPG
  • No.062_2(撮影:秋田県立大学木材高度加工研究所).JPG
  • No.062_3(撮影:秋田県立大学木材高度加工研究所).JPG

写真撮影:秋田県立大学木材高度加工研究所

竣工
2017年3月
延べ床面積
25.79m2
使用したCLT
5.06m3
CLT利用部分
床板、地覆
CLTサイズ
180×1,735×3,700 mm、180×180×1,735 mm
構造
単純桁橋(H形鋼橋梁)
設計ルート
防耐火
対象外
用途
橋梁
所在地
秋田県仙北市田沢湖潟字石倉沢
設計
秋田県立大学木材高度加工研究所、土木学会木材工学委員会木橋研究小委員会
施工
門脇木材㈱、日本機械工業㈱

日本CLT協会とは...

CLTを建築構造材として使用できるようにすること、また、将来的にはCLTを用いた中層や大規模の建築を可能にすることを目的として、2012年1月に設立されました。2014年4月からは「一般社団法人」となり活動しています。
詳しくは→

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る