写真:澤田建設㈱ 

澤田建設㈱ CLT KAZAGURUMAキャンパス

平成30年の建築基準法改正で、延焼防止時間という考え方が導入され準耐火構造である燃えしろ設計が可能になり、内部で木材を見せる事が出来るようになった全国初の防火地域における延焼防止建築物である。見どころは内部現し。特に2階は天井高4.5mで広々とした空間である。

竣工 2021年3月
延床面積 141.58m2
使用したCLT 140.07m3
CLT利用部分 壁、床、屋根、階段
CLTサイズ (最大)2,500 x 11,500 x 210 mm
構造 木造CLTパネル工法
設計ルート ルート1
建物用途 事務所
防耐火構造 75分準耐火建築物
所在地 山口県防府市駅南町4-5
設計 ㈲和建築設計事務所
施工 澤田建設㈱