クロス・ラミネイティッド・テインバー構法の 損傷限界・安全限界に関する検討

事業主体:

㈱日本システム設計

 

事業概要:

解析手法の検討と共に、振動台実験と同様の実大モ デル試験体の静的加力実験を実施し、損傷限界、安 全限界の検討に必要なデータ収集、および開口を設 けた大版パネルの構面水平加力実験

 

報告書ダウンロードはこちら