写真:提供:㈱三栄工業所

株式会社三栄工業所 新社屋

3 階建ての事務所建築に 120 ㎜厚の CLT 壁パネル、屋根パネルを適用すること により、住宅用建具等の利用も併せて全体的なコスト削減を試みた。リブ付 CLT 屋根パネルは 利用において、長手方向に約 6m スパンで計画。CLT エレベーターシャフトは木造建築の業務用エレベーターの計 画において、シャフトに別途鉄骨軸材の設置が不要であり、シャフト面積及びコスト削減に よる有効利用方法を示した。またCLT階段は大きな板 から曲線的に切り出した形状美を見せたいと考え、らせん階段 とした。

竣工 2021年9月
延床面積 987.02㎡
使用したCLT 126.14㎥
CLT利用部分 屋根、壁、内部階段
CLTサイズ (最大)巾 1,820mm x 長さ 8,565mm x 厚さ 120 mm
構造 枠組壁工法(CLT利用)
設計ルート 611号CLT計算ルート
建物用途 事務所・庁舎
防耐火構造 その他
所在地 岩手県大船渡市赤崎町字普金10-5
設計 意匠設計 : 松本設計ホールディングス㈱ 構造設計 : ジャパン建材㈱一級建築士事務所 ㈱木質環境建築
施工 ㈱三栄工業所