写真:エスエス大阪

京都府茶業研究所

茶の生産振興、高品質化などの研究開発を行う研究所。屋根面を中庭側に向かって傾斜させ、主たる屋根構造であるCLT材を外部から視認できる天蓋のファサード構成としている。量塊感と板材としての繊細さを合わせ持つCLTの長所を活かす為、集成材の梁と同面とし、平滑な天井面となる架構形式(落し込み工法)を採用。

竣工 2017年11月
延床面積 951.93㎡
使用したCLT 146㎥
CLT利用部分 屋根
CLTサイズ (最大)150 x 1820 x 910 mm(5層5プライ)
構造 木造(軸組工法CLT利用)
設計ルート ルート1
建物用途 研究所
防耐火構造 その他
所在地 京都府宇治市白川中の薗
設計 ㈱東畑建築事務所 大阪事務所
施工 巖・吉田特定建設工事共同企業体