写真提供:宮城県CLT等普及推進協議会

仙台空港ピア棟CLTベンチ

ベンチ端部の片持ち形状や、2種類のパーツが組合いながら連続することで、ベンチ全体が総合的に安定する「総持ち」の構成としている。また、CLT材の木口面を正面に向けて積み重ねることで、木材の立体的な量感を感じ取れる。ベンチ形状は、座面の高さを3種類とする事で、座り方にバリエーションを持たせ、年齢や性別、利用シーンに合わせて座り方が選択できる。

用途 ベンチ
実施者 設計:㈱SPAZIO建築設計事務所、制作:守屋木材㈱、組立て:㈱奥羽木工所
所在地 宮城県名取市下増田字南原
完成 2018年10月
構造 ボルト締め、ビス止め
大きさ 高50cm x ⾧6m x 幅65cm
使用したCLT 5.19m3
CLTサイズ (最大) 120×5502,650mm(5層5プライ)
CLT利用部分 ベンチ全体