新しい木造建築材

 

公的助成制度

 

【CLT関連の主な国の助成制度】一覧(PDF)

 1.JAS構造材利用拡大事業(個別実証事業)

 2.CLT活用建築物等実証事業

 3.サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)<一般建築物>

 4.同上 <木造実験棟>

 5.建築物等の脱炭素化・レジリエンス強化促進事業(業務用施設等におけるZEB化 ・省CO2促進事業)

   <レジリエンス強化型ZEB実証事業>

 6.同上 <ZEB実現に向けた先進的省エネルギー建築物実証事業>

 7.先進的再エネ熱等導入支援事業

 

【上記以外の国の助成制度】

 ○ 都市における木質耐火部材等利用拡大事業

 

※その他、地域材利用への助成制度を設けている自治体もあります。

日本CLT協会とは...

CLTを建築構造材として使用できるようにすること、また、将来的にはCLTを用いた中層や大規模の建築を可能にすることを目的として、2012年1月に設立されました。2014年4月からは「一般社団法人」となり活動しています。
詳しくは→

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る