新しい木造建築材

最新情報

助成制度情報:JAS構造材個別実証事業 第一次公募開始

全国木材組合連合会が「JAS構造材個別実証支援事業」の第一次公募を開始しました。

事業申請:2020年3月31日~2020年6月30日

交付申請(助成対象木材の建て方終了後に申請):2020年3月31日~2020年8月31日

 

● CLT 1m3につき14万円(または実際の調達費の安い方)

● 最大3000万円または1500万円(建物規模による)

● 構造材の一部にCLTを用いれば、その他林産物(フローリング等)も対象に

 

<対象物件>

施主が国でないもの地方公共団体の建てる建物も対象に!)

低層の戸建て住宅を除く全ての建築物集合住宅も対象に!)

 

<JAS構造材の種類>

①機械等級製材

②2×4用製材

直交集成板(CLT)

④構造用集成材(中断面以上) new

⑤構造用LVL new

 

事業説明資料(JAS構造材の定義、事業の構成、利用の流れなど)

公募要領

※詳細は、必ず全国木材組合連合会の「JAS構造材利用拡大事業」HPをご確認ください。

一覧に戻る

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る