新しい木造建築材

最新情報

CLT PARK HARUMI(旧 晴海プロジェクト)竣工記念式典開催

三菱地所㈱が開発を進めていた「CLT PARK HARUMI(旧名称:CLT晴海プロジェクト)」が竣工しました。当協会は、本施設内に国産CLTを用いたブース「CROSSING FOREST」(木のおもちゃで遊んだり、森や木造建築について学んだり、木に包まれて様々なすごし方ができる空間)をオープンします。これを記念して、2019年12月5日に三菱地所と当協会との共催による竣工記念式典を開催しました。

施設のオープンは12月14日の予定です。ぜひお越しください。

施設の公式HPはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 ■CLT PARK HARUMIとは

・三菱地所が事業主となり、東京都中央区晴海に、隈研吾建築都市設計事務所によるデザイン監修のもと岡山県真庭市産の CLT 材を使用した施設。
・2020年秋までの約 1 年間にわたり、CLTの魅力を伝え、文化・情報を発信する拠点として運用された後、真庭市の国立公園蒜山で移築利用される計画。
・CLT の使用量は、パビリオン棟・屋内展示棟・展示別棟を合計して約680m3。

三菱地所プレスリリース(「CLT PARK HARUMI」竣工)はこちら

一覧に戻る

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る