新しい木造建築材

最新情報

助成制度情報:JAS構造材個別実証支援事業 募集

全国木材組合連合会が、下記事業の募集を行っています。

 

【平成31年度 JAS構造材個別実証支援事業(JAS構造材利用拡大事業)】

○対象物件

建築主が国、都道府県、市町村ではないもの。居住専用建築物ではないもの。当事業以外の国からの助成を受けていないもの。延べ床面積(住宅部分・非木造部分を除く)が10m2を超えるもの。

 

○CLT(JAS品)について

CLTの部材の一部が、住宅部分を除いた構造部の壁、床、屋根、横架材のいずれかに使用されること。

対象範囲:調達費(材料費、プレカット加工費及び運搬費)

金  額:「CLT 1m3あたり¥14万」または「実際の調達費」の低い方

※上限・・・「1~3階」かつ「床面積1,000m2未満」の場合:¥1500万

     「4階以上」または「床面積1,000m2以上」の場合:¥3000万

 

○申込期限:2019年3月18日(月)~10月31日(木)17時

 

○交付申請書(事業完了後に提出)期限:「事業完了日から1か月」または「2019年12月20日(金)」の早い方

※事業完了=助成対象のJAS構造材の建て方が終了

 

※必ず公募要項にて詳細をご確認ください。

※事業のトップページはこちら

※説明会のご案内はこちら

一覧に戻る

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る