新しい木造建築材

最新情報

【お知らせ】日本初の2時間耐火のCLT外壁を開発し国交大臣認定を取得。実物件への適用が可能に

当協会は、東京農工大学、森林総合研究所と共同で2時間耐火性能を持つCLT部材等の開発に取り組み、CLTを使用した外壁及び間仕切壁の2時間耐火構造の国土交通大臣認定を取得しました。

CLT壁の表面を適切な厚みの強化せっこうボードや軽量気泡コンクリートにより被覆することで、火災が2時間継続しても内部のCLTは焦げたりせずに十分な強さを保ち続ける性能が実現しました。

これは、荷重支持部にCLTを用いた外壁の2時間耐火構造としては日本初の認定取得となります。これにより防火上は階数の制限なくCLT外壁を建築物に用いることが可能となります。間仕切壁についても、既存の認定より被覆の薄い仕様を開発し2時間耐火の認定を取得しました。これら認定部材の使用については、当協会が実施する講習会を受講し資格要件等を満たせば、どなたでもご使用可能となります。

 

詳細はこちら

一覧に戻る

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る