新しい木造建築材

最新情報

CLT普及に向けた新たなロードマップ

 2014(平成26)年に林野庁及び国土交通省が作成したロードマップを引き継いだ「CLT普及に向けた新たなロードマップ~需要の一層の拡大を目指して~」が、CLT活用を促進する関係省庁連絡会議より策定されました。

前回のロードマップは、CLTを一般的な建築材料として位置づけることを第一の目標としていました。これまでに、建築基準法に基づく告示が平成28年3、4月に施行され、平成28年度期首に5万㎥/年程度の生産能力を実現するなど、おおむねロードマップのとおりの成果を得ました。今後、CLTを本格的に普及していく観点から、需要の一層の拡大を目指すことを第一に、関係省庁が連携して政府一体となって取り組まれます。

 

PDF:「CLT普及に向けた新たなロードマップ~需要の一層の拡大を目指して~」

関連ページ: CLT活用促進のための政府一元窓口

一覧に戻る

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る