新しい木造建築材

最新情報

『2019年版 実務者のためのCLT建築物設計の手引き』販売開始

お待たせいたしました。『2019年版 実務者のためのCLT建築物設計の手引き』の販売を開始いたしました。あわせて、正誤表(2019年6月20日付)を公開しております。

詳細はこちら

CLTコアアイディア決定!

当協会は、CLTの普及を一層進めるため、CLTのイメージづくり・知名度向上に取り組んでいます。この度、その戦略の核となるコアアイディアを決定し、6月3日に開催した令和元年度定時社員総会にて発表しました。

 

経緯として、昨年10月にブランド戦略ワーキンググループ(WG)を立ち上げ、CLTのブランディングについて検討を始めました。まずコアアイディアを決めることになり、CLTの強み・弱みやCLTを取り巻く環境などについて分析を行いました。そして、ブランディング会社をファシリテーターとしたWGを2回開催しました。このWGには、ブランド戦略WGメンバーに加え設計WG・広報普及WGなどのメンバーにも参加してもらい、20名程でCLTが提供できる価値などについて話し合いました。この話し合いから集めたキーワードを元に、コピーライターが作成した81個のコアアイディア案を、WGメンバーや当協会理事へのアンケートで絞り込み、決定したコアアイディアがこちらです。

「住む、働く。木の中で。」

この言葉にはCLTが提供できる、住む・働くという機能的な価値、木のぬくもりという情緒的な価値、心地よい住む場・働く場の提供という社会的な価値が込められています。さらに、共同住宅やオフィスなど様々な建物に対応できること、「木の中」という少し変わった言葉で興味をひき、また、CLT特有の木のボリューム感を表現できることにより、この言葉が選ばれました。

今後、このコアアイディアを元に、CLTの普及活動を展開していきます。乞うご期待!

 

 

 

 

 

 

 

書家の夏生嵐彩先生(プロフィール)による総会での実演の動画を、YouTubeにて公開しています。

助成制度情報:木材利用による業務用施設の断熱性能効果検証事業 二次公募(6/13~7/16)

北海道環境財団が、環境省「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(木材利用による業務用施設の断熱性能効果検証事業)」の二次公募を行っています。

 

公募期間:2019年6月13日(木)~ 7月16日(火)

内  容:CLT等を用いたモデル建築物の建築費と検証を支援

詳  細:http://www.heco-hojo.jp/cat-01/competition.html

 

公的助成制度一覧

愛媛県CLT普及協議会、「CLT建築物の設計ガイドブック」公開

愛媛県CLT普及協議会が、建築物の計画・設計・施工者向けの「CLT建築物の設計ガイドブック」を作成・公開しました。CLT初心者の方に大変おすすめです。ぜひご覧ください。

愛媛県CLT普及協議会HP「CLT建築物の設計ガイドブック」

助成制度情報:CLT活用建築物等実証事業 第2回募集(6/17~7/30)

木構造振興㈱と(公財)日本住宅・木材技術センターが、林野庁「木材産業・木造建築活性化対策のうち中高層建築物を中心としたCLT等新たな木質建築部材利用促進・定着事業」の一環として、「CLTを活用した先駆的な建築物の建設等支援事業(通称:CLT活用建築物等実証事業)」の第2回募集を行っています。

 

公募期間:2019年6月17日(月)~7月30日(火)13時(書類必着)

事業規模:助成額(国庫補助金額)として約50,000千円

     採択事業数の目安は2件程度

詳  細:https://www.howtec.or.jp/publics/index/283/

 

公的助成制度一覧

 

<< 前の5件へ | 次の5件へ >>

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る