新しい木造建築材

最新情報

6/4 日本CLT協会 技術報告会2019、申込受付開始

当協会では、協会会員によるワーキンググループにて、CLTに関する技術開発などを実施しております。この度、昨年度成果についてのご報告、その他協会の取り組みのご紹介からなる報告会を開催いたします。

また、講演会「(仮)CLTを活用した建築実例解説」も併せて開催いたします。講師は、数多くのCLT建築を手掛けられている、福山弘構造デザイン 代表 福山弘氏です。

ぜひご参加ください。

 

日時:2019年6月4日(火)10:00~16:00

場所:すまい・るホール(東京都文京区後楽1-4-10 住宅金融支援機構1階)

詳細・申込:こちら

 

「直交集成板の許容応力度と材料強度の告示改正」・「実務者のためのCLT建築物設計の手引き改訂」説明会のお知らせ(5/20)

直交集成板の許容応力度及び材料強度の告示が改正され、この改正内容の解説を行います。また、CLT建築物の性能に焦点を当てた『実務者のためのCLT建築物設計の手引き』の改訂(防耐火・温熱・設計等)説明会を開催いたします。ぜひご参加ください。

詳細・申込はこちら

大成建設、CLT構造による国内最大級の建築空間「T-WOOD® SPACE」を構築

大成建設株式会社が、同社技術センターに、スギCLTパネルを用いた建築空間「T-WOOD SPACE」を構築しました。

スパン9.5m×高さ9m×奥行42mで、CLT構造による建築空間としては国内最大級です。

詳細はこちら(大成建設HP)

CLT設計者講習会、2019年度開催日決定

当協会主催のCLT設計者講習会の、2019年度の開催日が決定いたしました。

「初めてのCLT入門編」(どなたでも受講可)と「構造計算ルート1編」(構造設計実務経験3年以上の方対象)の2つがございます。

詳細・申込はこちら

 

CLT視察ツアー 2019 in 欧州の募集開始!

今年で5回目となる海外視察ツアー「CLT視察ツアー2019 in 欧州」を実施します。

訪問先はオーストリア、スロベニアとイタリアです。オーストリアはCLTが世界的に発展する中心的役割を果たしている地域であり、現在ウィーンでは、完成すれば木造最高層となる24階建ての建築物を建設中です。

スロベニアでは隣国であるオーストリアの最新のCLT技術を応用した産業が発達しつつあります。

イタリアは日本同様に地震国で、耐震や大規模・高層化に関しては、参考にすべき多くの点があります。

今回のツアーでは、日本でCLT普及の課題となっているCLTによる中高層建築化の技術、CLTを広く普及させるための取組み等について学べるプログラムを組みました。

過去に各国に訪問した方も、今回参加すれば現地の発展の速度に驚かれることでしょう。

毎年たくさんのお申し込みをいただいておりますので、ぜひお早目のお申し込みをお願いいたします。

 

日程:2019年6月30日~7月7日  6泊8日

費用:550,000円(2名1室利用時)

定員:20名

期限:4月19日までにお申し込み願います。

   ※申込書と申込金11万円のお振込の確認ができた時点で申込受付完了となります。

視察企画:日本CLT協会

旅行企画・実施:近畿日本ツーリスト

 

詳細はこちら、お申込みはこちらの用紙に記入のうえFAXにてお申込み願います。

(お早めにどうぞ!)

次の5件へ >>

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る