新しい木造建築材

最新情報

助成制度情報:JAS構造材個別実証支援事業 募集New

全国木材組合連合会が、下記事業の募集を行っています。

 

【平成31年度 JAS構造材個別実証支援事業(JAS構造材利用拡大事業)】

○対象物件

建築主が国、都道府県、市町村ではないもの。居住専用建築物ではないもの。当事業以外の国からの助成を受けていないもの。延べ床面積(住宅部分・非木造部分を除く)が10m2を超えるもの。

 

○CLT(JAS品)について

CLTの部材の一部が、住宅部分を除いた構造部の壁、床、屋根、横架材のいずれかに使用されること。

対象範囲:調達費(材料費、プレカット加工費及び運搬費)

金  額:「CLT 1m3あたり¥14万」または「実際の調達費」の低い方

※上限・・・「1~3階」かつ「床面積1,000m2未満」の場合:¥1500万

     「4階以上」または「床面積1,000m2以上」の場合:¥3000万

 

○申込期限:2019年3月18日(月)~10月31日(木)17時

 

○交付申請書(事業完了後に提出)期限:「事業完了日から1か月」または「2019年12月20日(金)」の早い方

※事業完了=助成対象のJAS構造材の建て方が終了

 

※必ず公募要項にて詳細をご確認ください。

※事業のトップページはこちら

※説明会のご案内はこちら

建築基準法改正、パブコメ開始New

「建築物の維持保全に関する準則又は計画の作成に関し必要な指針を定める件等の一部を改正する件」について、意見募集が始まりました。

改正点のひとつに75分準耐火構造(燃えしろ・被覆どちらも)の設定があり、これにより木造でも4階まで仕様規定で設計できるようになります。

 

意見の募集期間:2019年3月19日(火)~4月17日(水)

詳細はこちら

助成制度情報:JAS構造材利用拡大事業 説明会のご案内New

全国木材組合連合会により、下記の事業の説明会が開催されます。

 

【平成31年度 JAS構造材利用拡大事業】

JAS構造材(CLTを含む)の活用支援のため、構造材にJAS構造材を活用する非住宅物件の実証的取組みに対し、構造材の調達費用の一部を助成。

事業のトップページ:https://www.jas-kouzouzai.jp/

公募要領:https://www.jas-kouzouzai.jp/jigyou2/2_index_detail.php

 

【説明会】

4月2日~25日、全国10か所で開催。

詳細・申込:https://www.jas-kouzouzai.jp/meeting/

「晴海プロジェクト」プレスリリースのお知らせ

三菱地所、岡山県真庭市および隈研吾建築都市設計事務所による「CLT 晴海プロジェクト」のプレスリリースが本日行われました。

本プロジェクトでは、三菱地所が事業主となり、東京都中央区晴海の土地に、隈研吾建築都市設計事務所によるデザイン監修のもと、岡山県真庭市産のCLT 材を使用した施設を建築します。

晴海での運用後は、部材をリユースし、岡山県真庭市の国立公園蒜山に移築します。移築後は、観光及び芸術・文化発信拠点として利用される計画で、隈研吾氏によるデザインを活かした、蒜山高原一帯の新たなランドマークとして生まれ変わります。

 

詳細はこちら(三菱地所HP)

【定員となり締切とさせて頂きました】神宮前3丁目PJのご案内New

【鉄骨造の木質化のすすめ!】CPDプログラム申請中

近年、低炭素社会へ向けて建物の木造化や木質化が促進され、中大規模の木造における 新たな資材や工法など目覚ましい技術開発が進んでいます。公共建築、住居系建築や自社物件等をはじめ多くの実績が郊外や地方を中心に見られるようになってきました。その一方で、法整備を含め種々の技術開発は発展途上、高い技術とノウハウが要求される現在、実践できる設計及び施工従事者の層が薄いのは否めません。この度、お施主様のご理解賜り、完成見学会・シンポジウムの開催が実現致しました。

 

■完成見学会 「神宮前3丁目プロジェクト」

日 時:2019年4月19日(金)15時~17時<予定>
場 所:東京都渋谷区神宮前3丁目1番25

   ※定員となり締切とさせて頂きました

■シンポジウム
日 時:2019年4月19日(金)18時~19時30分<予定>
会 場:建築家会館 東京都渋谷区神宮前2-3-16 本館1F

   ※定員となり締切とさせて頂きました

 

詳細はこちら

次の5件へ >>

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る