新しい木造建築材

最新情報

11/17 WOODRISE Bordeaux 2017 帰国報告会New

直前の案内となりますが、11月17日(金)16:00~19:00に新木場にてWOODRISE帰国報告会が開催されます。

 

9月にボルドーで行われた国際会議に派遣された建築家による報告会で、青島啓太氏からのフランスにおけるCLT/木造建築状況の紹介、小見山陽介氏からのイギリスにおけるCLT/木造建築状況の紹介も行われます。

会場のブースでは、WOODRISE会議の資料や海外文献なども閲覧することができます。

——————————————————————-

 WOODRISE Bordeaux 2017 帰国報告会 概要

日時 :2017年11月17日(金)16:00~19:00
会場 :新木場タワー1階大ホール(東京都江東区新木場1-7-22)
定員 :150名(申込先着順)
参加費 :資料代1000円 / 懇親会参加費1500円

プログラム:
基調講演1「WOODRISEの概要と、そこで得られたもの」
 三宅理一(日本建築文化保存協会)
基調講演2「WOODRISE AGORAで交わされた木造のこれから」
 WOODRISE AGORA派遣建築家
  ◦小見山陽介(エムロード環境造形研究所)
  ◦青島啓太(bask design)
  ◦山代悟(ビルディングランドスケープ)
  ◦内海彩(内海彩建築設計事務所)
パネルディスカッション(会場を含めのクロストーク)

——————————————————————-

 チラシはこちらより、詳細はこちらよりご確認ください。

「資料」ページを更新し、「補助事業一覧・技術データ集」のページを追加しましたNew

CLT協会では、CLT関連の資料について「資料」ページで紹介しています。

この「資料」ページを更新し、「補助事業一覧・技術データ集」のページを追加しました。

 

CLT関連の資料については、下記よりご確認ください。

 

資料ページ

補助事業一覧・技術データ集

「耐火構造の構造方法を定める件」等の告示一部改正案New

11/8に「耐火構造の構造方法を定める件の一部を改正する告示案及び準耐火構造の構造方法を定める件の一部を改正する告示案」に関する意見募集が開始されました。

木造の1時間耐火構造の床や耐火構造(30分)の屋根と階段などについて告示仕様の案が公表されています。

こちらより内容をご確認いただけますのでご覧ください。

CLTアイディアコンテスト 新部門の募集開始New

CLTアイディアコンテスト 2017では10/10に応募締切をした「アイディア部門」と「スター誕生部門」に加えて、「設計部門」の募集を開始しました。

実際の設計に携わる方に向けた「設計部門」を設置することで、これまでの鉄骨造やRC造など既存の工法に替えて、あるいはそれらの強みを活かしながらCLTを組み合わせる工法により、これまでにない新たな技術・価値を生み出す「CLTを用いた魅力的な建築物の設計提案」を募集します。

テーマは「6階建て中層マンション」です。

詳細はこちらよりご確認いただけます。

応募締切は2018年1月22日です。たくさんの方からのご応募をお待ちしております!

 

11/29-30 高知・岡山 CLT視察ツアー 募集中です!

11/29(水)~30(木)の1泊2日の日程で「高知・岡山 CLT視察ツアー」を企画しました。

日本のCLTの先進地である、高知県と岡山県真庭市を巡るツアーです。高知県では様々なCLT建築を訪問し、岡山県真庭市ではCLT製造工場の見学とCLTに関するセミナーの受講、建設現場の見学などを行います。

詳細はこちらのイベントページよりご確認ください。

次の5件へ >>

CLT とは...

CLTはCross Laminated Timberの略称で、ひき板の各層を繊維方向が互いに直交するように積層接着したパネルを示す用語です。海外では、特に欧州を中心に近年利用が急増し、現在年間約750,000m3以上のCLTパネルが製造されているとみられます。一般住宅から、中・大規模施設、6~10階建の集合住宅まで、様々な建築物が海外では建てられています。

詳しくは→

日本CLT協会とは...

CLTを建築構造材として使用できるようにすること、また、将来的にはCLTを用いた中層や大規模の建築を可能にすることを目的として、2012年1月に設立されました。2014年4月からは「一般社団法人」となり活動しています。
詳しくは→

最新情報 月別アーカイブ

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る