新しい木造建築材

国の委託・補助事業成果一覧/技術データ集

クロス・ラミネイティッド・テインバー構法の 損傷限界・安全限界に関する検討

事業主体:

㈱日本システム設計

 

事業概要:

解析手法の検討と共に、振動台実験と同様の実大モ デル試験体の静的加力実験を実施し、損傷限界、安 全限界の検討に必要なデータ収集、および開口を設 けた大版パネルの構面水平加力実験

 

報告書ダウンロードはこちら

キーワード:

日本CLT協会とは...

CLTを建築構造材として使用できるようにすること、また、将来的にはCLTを用いた中層や大規模の建築を可能にすることを目的として、2012年1月に設立されました。2014年4月からは「一般社団法人」となり活動しています。
詳しくは→

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る