新しい木造建築材

資料

現し仕上げを前提としたCLT工法接合部の開発

■2014(H26)年度補正 林野庁補助事業 2016.05.09更新

 ・新規木材需要創出事業のうち CLT等新たな木質部材・工法の開発等支援事業

  (現し仕上げを前提としたCLT工法接合部の開発)

 

  表題・はじめに  目次  第1章  第2章

  第3章part.1 第3章part.2 第3章part.3 第3章part.4 第3章part.5  第4章

 

本事業では、CLTパネル工法を設計する上で、壁、床および屋根(天井面)の表面を現し仕上げとする場合が想定されますが、このようにCLTを使うことは、他の木造の構法にはないCLTの特徴と言えます。この事業では、これまでの知見も踏まえつつ、CLTパネルの現し面に接合具が見えないような接合方法を開発し、実験を行って、その接合耐力を確認しています。

 

CLT とは...

CLTはCross Laminated Timberの略称で、ひき板の各層を繊維方向が互いに直交するように積層接着したパネルを示す用語です。海外では、特に欧州を中心に近年利用が急増し、現在年間約750,000m3以上のCLTパネルが製造されているとみられます。一般住宅から、中・大規模施設、6~10階建の集合住宅まで、様々な建築物が海外では建てられています。

詳しくは→

日本CLT協会とは...

CLTを建築構造材として使用できるようにすること、また、将来的にはCLTを用いた中層や大規模の建築を可能にすることを目的として、2012年1月に設立されました。2014年4月からは「一般社団法人」となり活動しています。
詳しくは→

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る