新しい木造建築材

最新情報

2018年5月:月別アーカイブ

非住宅物件のJAS構造材にCLTを使用すると、1m3あたり15万円(最大1500万円)の調達補助が出る、JAS構造材個別実証支援事業の公募が始まりました。 (公募期間5/30~10/31)  ... [続きを読む]
(一社)木のいえ一番振興協会様が国交省「平成28年度サステナブル建築物等先導事業」の補助を得て建設した、CLTを外部現しに使用した低層住宅の実験棟の見学会が6/8(金)に山梨県南都留郡で開催されます。... [続きを読む]
平成28年8月22日付で制定された「CLTパネル工法用金物規格(X(クロス)マーク表示金物)」につき、新たに6種類が追加され、CLTパネルを全面現しで納めることができるようになりました。  ... [続きを読む]
主要構造部に木材を一定以上使用する一般建築物や、CLT等を用いた木造実験棟に対して、費用の一部が補助される事業について、提案募集が開始されました。   詳細は、 こちら(国土交通省 HP) ... [続きを読む]

日本CLT協会とは...

CLTを建築構造材として使用できるようにすること、また、将来的にはCLTを用いた中層や大規模の建築を可能にすることを目的として、2012年1月に設立されました。2014年4月からは「一般社団法人」となり活動しています。
詳しくは→

最新情報 月別アーカイブ

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る