新しい木造建築材

最新情報

2017年3月:月別アーカイブ

枠組壁工法の技術的基準を定めている告示について、床版及び屋根版の仕様に直交集成板(CLT)を追加する改正案のパブリックコメントが開始されました。   詳細:e-Gov(電子政府の総合窓口) ... [続きを読む]
3月27日の日本経済新聞 夕刊の1面にCLTが取り上げられました。     PDFはこちらから。  ... [続きを読む]
4/12に高知県高知市にて、CLTパネル工法の3階建て飲食店及び事務所の構造見学会が開催されます。 詳細・お申し込みはこちら(CLT建築推進協議会HP) 【建物概要】   名   称:(仮)柳町CLT... [続きを読む]
2017年3月21日に実施しました掲題セミナーのうち、基調講演をお願いしましたゲルハルト・シックホーファー教授の資料を掲載します。 なお、掲載は教授のご厚意によるものですので、無断での転用などはご遠慮... [続きを読む]
岡山県岡山市にて、CLTパネル工法の3階建てセミナーハウスの構造見学会が開催されます。 1時間準耐火構造で燃えしろ設計をした延床面積562m2の建物です。 詳細・お申込みPDF 【建物概要】   名称... [続きを読む]
 2016年7月に竣工した ぷろぼの福祉ビル こと「フェローシップセンター」のメイキングストーリーをまとめた冊子が作成されました。 (利用例:ぷろぼの福祉ビル)  これからCLTを用いたプロジェクトを... [続きを読む]
ご好評いただいております「CLT構造設計講習会」について、2017年上半期の開催日を更新いたしました。 詳細は『イベント案内 【定例】CLT構造設計講習会』をご覧ください。... [続きを読む]
 2014(平成26)年に林野庁及び国土交通省が作成したロードマップを引き継いだ「CLT普及に向けた新たなロードマップ~需要の一層の拡大を目指して~」が、CLT活用を促進する関係省庁連絡会議より策定さ... [続きを読む]

CLT とは...

CLTはCross Laminated Timberの略称で、ひき板の各層を繊維方向が互いに直交するように積層接着したパネルを示す用語です。海外では、特に欧州を中心に近年利用が急増し、現在年間約750,000m3以上のCLTパネルが製造されているとみられます。一般住宅から、中・大規模施設、6~10階建の集合住宅まで、様々な建築物が海外では建てられています。

詳しくは→

日本CLT協会とは...

CLTを建築構造材として使用できるようにすること、また、将来的にはCLTを用いた中層や大規模の建築を可能にすることを目的として、2012年1月に設立されました。2014年4月からは「一般社団法人」となり活動しています。
詳しくは→

最新情報 月別アーカイブ

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る