新しい木造建築材

最新情報

JAS構造材個別実証支援事業の申請期間延長のお知らせ

非住宅物件の構造材にCLT(JAS構造材)を使用すると、1m3あたり15万円(最大1500万円)の調達補助が出る、JAS構造材個別実証支援事業の申請期間延長のお知らせが全国木材組合連合会様より公表されました。

 

事業申請締切:2018年10月31日→2019年1月31日に変更

上棟・報告書提出締切:2018年12月21日→2019年2月28日に変更

 

詳しくはこちら

一覧に戻る

日本CLT協会とは...

CLTを建築構造材として使用できるようにすること、また、将来的にはCLTを用いた中層や大規模の建築を可能にすることを目的として、2012年1月に設立されました。2014年4月からは「一般社団法人」となり活動しています。
詳しくは→

最新情報 月別アーカイブ

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る