新しい木造建築材

最新情報

CLT関連告示の公布・施行 (20160401)

2016年3月31日及び4月1日にCLTを用いた建築物の一般的な設計法等に関して、建築基準法に基づく告示が公布・施行されました。

今後は、告示に基づく構造計算等を行うことにより、大臣認定を個別に受けることなく、建築確認により建築が可能となります。また、告示に基づく仕様とすることにより、準耐火構造にて燃えしろ設計ができるようになります。

 

主な告示の制定・改正は以下のものです。

1. CLTを用いた建築物の一般設計法(【新設】2016年4月1日公布・施行)

2. CLT材料の品質及び強度(【改正】2016年3月31日公布・施行)

3. CLT部材等の燃えしろ設計(【改正】2016年3月31日公布・施行)

 

本件については、国土交通省からのプレスリリースが出ています。

下記よりご確認ください。

国土交通省によるCLT報道発表資料

 

告示の該当部分は、こちら(3月31日付)とこちら(4月1日付)よりご覧いただけます。

 

(参考)CLTの普及に向けた主な取組

一覧に戻る

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る