イベント案内

認定管理者及び認定検査員資格の更新講習 (2020年度)

日本CLT協会では、これまでに取得した防火耐火構造および界壁の遮音構造の大臣認定をお使いいただくための講習会を開催してまいりました。

2017年に講習会を受講し、CLT認定仕様設計・工事管理者(略称「認定管理者」)及びCLT認定仕様検査員(略称「認定検査員」)の資格を取得された方につきましては、資格の有効期限(2020年度9月30日)が迫っておりますので、ご案内申し上げます。

資格の更新を希望される方は、更新者講習を受講し、修了考査に合格して頂く必要があります。講習は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、eラーニングシステムによるWEB講習で開催いたします。

尚、更新者講習の受講前に資格の有効期限(2020年9月30日)を迎えてしまいますが、2017年講習会受講者に限り、資格の有効期限を2020年10月30日まで延長させて頂きます。

*CLT大臣認定制度の運用基準「2.1 制度を利用できる者」の項にて定めておりますように、認定検査員資格の更新は、当協会の正会員企業または賛助会員企業に所属されている方に限らせて頂きます。協会に加入されていない方につきましては申し訳ございませんが、協会への加入をお願いいたします。

*協会が取得した大臣認定等は、資格要件等を満たした方が大臣認定制度講習会を受講し、修了考査を合格した場合のみ扱うことができます。詳しくは「CLT大臣認定制度の運用規準」(当協会HP「イベント案内」の「CLT 大臣認定認定管理技術者講習会」に掲載)をご参照ください。

*WEB講習はWEB環境が整ったパソコンまたはスマートフォンで受講ができます(下記の受講環境を確認のうえお申し込みください)。

*WEB講習の受講(視聴)にかかる通信料は受講者のご負担でお願いします。

*申し込まれた方は、必ず全内容を受講するようにお願いいたします。また、動画の録画・録音はご遠慮ください。

 

 →CLT大臣認定制度の運用規準.PDF

 →お申し込みはこちら

  ※更新講習を受講される方は申込フォームの「5.受講区分」から「今年度で認定資格の

   有効期限が切れるため、更新講習を受講」を選択してください。

  ※更新講習は、今年度追加された、耐火構造(屋根30分耐火・外壁2時間耐火)の内容を含みます。

   (「追加仕様講習」への申込みはありません。)

 

1.受講期間(WEB講習)

 2020年10月20日(火)~ 10月30日(金)(申込締切:10月8日(木))

 ※上記期間内の自分の都合がよい時間に、講習を受講(視聴)することが可能です。

 

2.費用 会員4,000円(WG参加者2,000円)、一般(非会員)8,000円

3.受講案内

 お申込みいただいた方には、10月初旬に受講用URL、ログインID、パスワードを配布いたします。

 受講されるときは、受講用URLをクリックし、ログインID、パスワードを入力してください。

 *申込時期によっては、ログインID、パスワードの配布が遅れる場合があります。

 

4.受講に必要な環境

■PCの場合

 PC:2Ghz以上のCPU、メモリ2GB以上、Videoメモリ256MB以上のPC

 対応ブラウザ: Edge、Chrome21.0以降、Safari5以降、Firefox15以降、IE11以降(※)

 配信する動画の画質×2倍程度のネットワーク速度を必要とします。

 ※動画視聴機能でFlashプレイヤー11.5以上のインストールが必要になる場合があります

 ※HTML5版の動画再生プレイヤーに設定している場合は、Windows8のIE11以降でのご利用が必要になります。

■スマホの場合

 iphone4(iOS6)以上のSafari、Android4.4以上のChromeに対応しております。

 

5.主催 (一社)日本CLT協会

↑ページ上部へ戻る