イベント案内

CLT大臣認定 認定管理技術者講習会

 CLT協会では、これまでに外壁の防火構造および界壁の遮音構造の大臣認定を取得しています。いずれも室内側をCLT現しで用いることができる認定です。上記2種類の大臣認定をお使いいただくための講習会を開催いたします(上記大臣認定は、当協会が指定した講習会を受講し、資格要件等を満たした方のみがご使用いただけます。講習会の開催は年1回程度を予定しております。)

 近い将来この認定を利用した建築物の設計・工事管理および施工(検査)に携わる可能性のある方々は、この講習会を受講頂きますようお願い申し上げます。

 

■本講習会で取得できる資格

CLT認定仕様設計・工事管理者……大臣認定仕様を使用する設計者または工事管理者

CLT認定仕様検査員…………………大臣認定仕様を使用した部位の工事検査員

 

 →CLT大臣認定制度の運用規準.PDF

 →講習会概要はこちら

 →お申し込みはこちら

  1. 日時
  2. 2018年10月26日(金) 10:00-16:50(受付 9:30~)*昼食は休憩時におとりください。

    (申込締切:10月19日(金))

  3. 場所
  4. 一般社団法人 日本CLT協会 事務所

    〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-15-5  VORT東日本橋2階

    ※お申し込み状況によっては、近隣会場に変更する場合がございます。

     変更の際は、事前にご連絡を差し上げます。

  5. プログラム(予定)
  6. (実務者のためのCLT建築物設計の手引きの解説)

    10:05 概要および要点

    10:45 耐久性(第3章3.2)

    11:15 断熱計画(第3章3.3)

    11:45 休憩(60分間)

    12:45 遮音(第3章3.4)

    13:15 主要構造部の防耐火設計施工(第4章)

    (CLT大臣認定に関する解説)

    13:45 制度の概要等

    14:45 休憩(15分間)

    15:00 防火構造について

    15:30 界壁遮音構造について

    16:10 修了考査

    16:50 終了

  7. 費用
  8. (当協会員)正会員4,320円(WG関係者2,160円)/ 賛助会員4,320円

    (その他一般) 8,640円

     

    ※すべて税込み価格。

    ※上記費用は、講習会のみの費用です。資格登録料や大臣認定使用料は別途発生します。

     詳しくは上記「CLT大臣認定制度の運用規準」をご確認ください。

  9. テキスト準備
  10. 講習では「実務者のためのCLT建築物設計の手引き」を使用いたします。事前にお手元にご準備のうえ、当日ご持参くださいますよう、お願いいたします。

    手引きの購入はこちら

    ※書籍版のみ当日現金で購入可能です(税込価格)。

     CLT協会会員:6,480円

     一般の方  :10,800円

  11. 資格登録要件
  12. ①建築実務年数              CLT認定仕様設計・工事管理者        :5年以上

                                     CLT認定仕様検査員                       :3年以上

    ②資格免許(いずれか1つ以上)

                                       一級建築士                         二級建築士

                                       木造建築士                         一級建築施工管理技士

                                       二級建築施工管理技士(仕上げのみは不可)

    ※資格登録される方は上記の条件を満たす必要があります。

  13. 主催
  14. (一社)日本CLT協会

↑ページ上部へ戻る