CLTの使用方法の自由なアイディアを募集します。「“新しい木”でミライを創る CLTアイディアコンテスト」

一般社団法人 日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

OME--日本CLT協会

CLTアイディアコンテスト応募作品

一覧に戻る

CLTモジュールハウスユニット・木こりベース


応募作品を表示する(PDF)
ファイルサイズ:964KB
応募作品を表示する(JPEG)
ファイルサイズ:1503KB
私が暮らす静岡県浜松市には「天竜美林」と呼ばれる豊富な森林資源があり、建築資材をはじめ水源涵養、生物多様性の保全、更にCO2吸収源や観光リクレーション、21世紀のエネルギー原としてもその期待が高まっています。しかしながらここ20〜30年は地元の製材業者も減り、山に入る人々も少なくなって大切な森の手入れが行きわたらなくなっているとも聞きます。

そこで今回はCLTという新しい技術から生まれるひとつの可能性として「木こりの体験をしながら森への理解を深めることが出来る基地&ゲストハウス」を考えてみました。

トラックで運べるコンテナサイズで、サニタリーユニットやレジデンスユニット、コミュニティユニット等を組み合わせることで、フレキシブルな交流機能を作り出します。そこでは地元の木こり達が様々な街から来るゲストにCTLの可能性や、森林の魅力・地域の魅力を発信したり、森を身近に感じてその大切さを実感したり、森に入る時のマナーを身に付けてもらうようなワークショップを行うこともできます。

この「木こりの体験をしながら森への理解を深めることが出来る基地&ゲストハウス」によって森と街がつながり、一人でも多くの人々(特に若者や女性)に森や木と共に生きる喜びや、持続可能な森林のあり方を共に考え実践していくきっかけになれば幸いです。

この作品の応募者にコンタクト希望の方は下記フォームよりご連絡ください。
CLT協会より応募者に確認をとり後ほどご連絡いたします。

●コンタクト希望作品
CLTモジュールハウスユニット・木こりベース

お名前
メールアドレス
電話番号
希望連絡方法
応募者へのコメント(使用予定があれば具体的に)
個人情報取扱

個人情報の取り扱いについてをお読みいただき、同意いただける場合は、下記の 「 個人情報取扱いに同意する 」 にチェックを入れてください。

■携帯電話(フィーチャーフォン、スマートフォン)のメールアドレスをご利用の方へ
「ドメイン指定受信」及び「なりすましメール規制」の設定をされている方は、必ず、送信前に
『clta.jp』からのメールが受信できるよう許可リストに設定してください。 設定の手順は、各携帯電話会社によって異なります。(詳しくは携帯電話の取扱い説明書もしくは各携帯電話会社のホームページをご覧ください)
※メールが迷惑メールフォルダ等に分別されることがあります。メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダ等もご確認ください。

一覧に戻る
お問合せ先:一般社団法人 日本CLT協会 本部(事務局)
〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-15-5 2階
e-mail:compe@clta.jp
ホームページ:http://clta.jp
Copyright(c) 2017 Japan Cross Laminated Timber Association. All Rights Reserved.

トップページ

ページの先頭