CLTの使用方法の自由なアイディアを募集します。「“新しい木”でミライを創る CLTアイディアコンテスト」

一般社団法人 日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

OME--日本CLT協会

CLTアイディアコンテスト応募作品

一覧に戻る

たて よこ 高さ で 拡がる自由な造形


応募作品を表示する(PDF)
ファイルサイズ:248KB
応募作品を表示する(JPEG)
ファイルサイズ:114KB
CLTは木材を板状にして繊維方向の強度を信頼しての使用例が挙げられてます。
在来工法の土台に使われる角材は材木を格子状の架構としてやはり軸力を期待して使用されますが同時
に繊維に直角の方向にかかる力にも耐えます。
この場合は、繊維方向に裂けた場合に座屈しやすくなることを避けるために横向きに使っている、と、
も考えられます。
積層の量に機械の限界はありそうですが繊維の横方向の力にも耐えつつ構成部材が互いに支えあいなが
ら靱性を発揮するとき煉瓦や石造などの積石造にない造形が可能になる。
線や面での使用の多い木材ですがボリュームとしての使用での大空間などの可能性もあるのではないで
しょうか。

この作品の応募者にコンタクト希望の方は下記フォームよりご連絡ください。
CLT協会より応募者に確認をとり後ほどご連絡いたします。

●コンタクト希望作品
たて よこ 高さ で 拡がる自由な造形

お名前
メールアドレス
電話番号
希望連絡方法
応募者へのコメント(使用予定があれば具体的に)
個人情報取扱

個人情報の取り扱いについてをお読みいただき、同意いただける場合は、下記の 「 個人情報取扱いに同意する 」 にチェックを入れてください。

■携帯電話(フィーチャーフォン、スマートフォン)のメールアドレスをご利用の方へ
「ドメイン指定受信」及び「なりすましメール規制」の設定をされている方は、必ず、送信前に
『clta.jp』からのメールが受信できるよう許可リストに設定してください。 設定の手順は、各携帯電話会社によって異なります。(詳しくは携帯電話の取扱い説明書もしくは各携帯電話会社のホームページをご覧ください)
※メールが迷惑メールフォルダ等に分別されることがあります。メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダ等もご確認ください。

一覧に戻る
お問合せ先:一般社団法人 日本CLT協会 本部(事務局)
〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-15-5 2階
e-mail:compe@clta.jp
ホームページ:http://clta.jp
Copyright(c) 2017 Japan Cross Laminated Timber Association. All Rights Reserved.

トップページ

ページの先頭