CLTアイディアコンテスト2017

CLTの使用方法の自由なアイディアを募集します。「“新しい木”でミライを創る CLTアイディアコンテスト」

一般社団法人 日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

OME--日本CLT協会

CLTアイディアコンテスト2017

審査員のご紹介

浅井 愼平あさい しんぺい

写真家

略 歴

1937年 愛知県瀬戸市生まれ
早稲田大学政治経済学部中退
日本広告写真家協会賞、東京アートディレクターズクラブ最高賞、日本写真協会作家賞等、受賞多数
写真表現の他に文芸、工芸、映画製作、音楽プロデュース等、幅広く活動
著書多数。

応募者へのメッセージ

美しさと実用性を合わせ持った素材がつくり出す造形の可能性に期待をしています。ここには、さまざまな智慧、知性と感性が集まることを確信しています。とても楽しみです。

加藤 渓一かとう けいいち

スタジオピース一級建築士事務所代表
HandiHouse project 共同主宰

略 歴

1983年東京都八王子市生まれ。一級建築士。武蔵工業大学(現:東京都市大学)大学院修了後、 MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO所属。2010年studioPEACEsign設立。翌年HandiHouse project始動。「妄想から打ち上げ」を合言葉にデザインから工事のすべて自分たちの「手」で行 う集団の一員。2014年春には海外進出。アジアの南端の島、東ティモールに出向き現地の人との 恊働。もの作りを通じたコミュニケーションが人種や言葉の壁を簡単に越えて行くことを実感す る。2015年第一回「これからの建築士賞」受賞(東京建築士会主催)

応募者へのメッセージ

生み出すものへの責任や覚悟。そこから見えてくる作品への愛着。それらが見えてくるとこちらも 嬉しくなってしまいます。CLTは木材をそのまま直交させただけの単純さと、構造にも仕上げにも なる多様さを持ち合わせている材料です。そんな、難しくない素直で魅力的な作品を期待してい ます。

田鎖 郁男たくさり いくお

日本CLT協会 理事、
(株)エヌ・シー・エヌ代表取締役

略 歴

1965年 千葉大学工学部卒業。
1989年 日商岩井(現・双日)入社。木材本部に在籍し、集成材・LVLなどのエンジニアリングウッドのマーケティングを担当。
1996年 株式会社エヌ・シー・エヌを設立。耐震構法SE構法を開発、販売。
2007年 同代表取締役就任(現職)
2009年 MUJIHOUSE株式会社 専務取締役に就任「無印良品の家」を全国展開
一般社団法人耐震住宅100%実行委員会 代表理事、一般社団法人CLT協会理事
一般社団法人木の家一番振興協会 副理事長

応募者へのメッセージ

合板・集成材・LVL等と木質材料は進化、多様化する中で様々な様式、構法、デザインを生み出してきました。
CLTという新しい材料にも相応しいデザインが生まれることを期待しています。
建築関係者のみならず多くの皆様から、既成概念にとらわれない自由な発想をいただけることを楽しみにお待ちしています。

涌井 史郎わくい しろう

造園家

略 歴

1945年生まれ
1972年 東京農業大学 農学部造園学科に学ぶ
現在、社団法人国際観光施設協会・副会長、東京農業大学・客員教授、(財)とうきゅう環境浄化財団・理事、東京都市大学環境学部・教授など多方面で活躍。黄綬褒章受章、日本公園緑地協会「佐藤国際交流賞」受章。「景観十年、風景百年、風土千年」と唱え、人と自然の空間的共存を図る造園技術をベースに数多くの作品や計画に携わっている。

お問合せ先:一般社団法人 日本CLT協会 本部(事務局)
〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-15-5 VORT東日本橋2階
e-mail:compe@clta.jp
ホームページ:http://clta.jp
Copyright(c) 2017 Japan Cross Laminated Timber Association. All Rights Reserved.

トップページ

ページの先頭