新しい木造建築材

利用例

CLT鹿嶋貸事務所

壁、床ともに構造材としてCLTを利用した平家建ての貸事務所。CLT構造材を現しで使用することによって木のぬくもりを生かした落ち着いた大空間を確保。
  • No.104_01_CLT鹿嶋貸事務所_提供_藤﨑建設工業㈱
  • No.104_02_CLT鹿嶋貸事務所_提供_藤﨑建設工業㈱
  • No.104_03_CLT鹿嶋貸事務所_提供_藤﨑建設工業㈱
  • No.104_04_CLT鹿嶋貸事務所_提供_藤﨑建設工業㈱
  • No.104_05_CLT鹿嶋貸事務所_提供_藤﨑建設工業㈱
  • No.104_06_CLT鹿嶋貸事務所_提供_藤﨑建設工業㈱

写真提供:藤﨑建設工業㈱

竣工
2019年3月
延べ床面積
229.50m2
使用したCLT
88.32m3
CLT利用部分
壁、屋根
CLTサイズ
(最大)1998x 6022x 210 mm
構造
木造軸組構法+CLTパネル
設計ルート
ルート1
用途
貸事務所
所在地
茨城県鹿嶋市大字長栖字蒲地1879番175
設計
藤﨑建設工業㈱一級建築士事務所
施工
藤﨑建設工業㈱一級建築士事務所

日本CLT協会とは...

CLTを建築構造材として使用できるようにすること、また、将来的にはCLTを用いた中層や大規模の建築を可能にすることを目的として、2012年1月に設立されました。2014年4月からは「一般社団法人」となり活動しています。
詳しくは→

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る