新しい木造建築材

利用例

介護老人保健施設 八祥苑

架構形式「大版パネル架構」を採用し、CLT告示仕様(ルート1)に従って設計を行った。大版パネルの比率が増えることによって、小版パネル加工よりコストは下がる方向に向かう事が確認できた。但し、大版パネルの搬入、仮置きに敷地の余裕が必要である。
  • No.111_01_
  • No.111_02_
  • No.111_03_

写真提供:㈱松島建設

竣工
2018年2月
延べ床面積
2,204.98m2
使用したCLT
546.82m3
CLT利用部分
壁、床
CLTサイズ
(最大) 150x 2,775 x 9,160 mm(5層5プライ)
構造
CLTパネル工法
設計ルート
ルート1
用途
介護老人保健施設
所在地
熊本県八代郡氷川町 今字西作181、早尾字下八ツ川132
設計
(意匠・構造)㈱太宏設計事務所 (設備)弦設備設計事務所
施工
松島建設・松下組工事共同企業体

日本CLT協会とは...

CLTを建築構造材として使用できるようにすること、また、将来的にはCLTを用いた中層や大規模の建築を可能にすることを目的として、2012年1月に設立されました。2014年4月からは「一般社団法人」となり活動しています。
詳しくは→

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る