新しい木造建築材

利用例

馬路村森林組合事務所

2層分の壁を1枚で構成した通し壁を用いて施工の省力化を図ることと、2階床を壁から絶縁し独立柱で支持することで上下階の遮音性能の向上を実現した。
  • 外観
  • 応接室 コメ
  • 階段CLT通し壁 コメ
  • 事務室 コメ
竣工
2017年12月
延べ床面積
121.25m2
使用したCLT
15.45m3
CLT利用部分
壁、2階床
CLTサイズ
(最大)90 x1,998 x5,668 mm(3層3プライ)
構造
CLTパネル工法
設計ルート
ルート1(ルート3)
防耐火
なし
用途
事務所
所在地
高知県安芸郡馬路村馬路3744
設計
(総括/意匠)建築舎KIT(構造)北添建築研究室(設備)(有)進設備設計事務所
施工
㈱建築工房縁e

日本CLT協会とは...

CLTを建築構造材として使用できるようにすること、また、将来的にはCLTを用いた中層や大規模の建築を可能にすることを目的として、2012年1月に設立されました。2014年4月からは「一般社団法人」となり活動しています。
詳しくは→

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る