新しい木造建築材

利用例

山佐木材 CLT工場棟

鉄筋挿入集成材(SAMURAI)による高剛性フレームのラーメン構造とCLT耐震壁を組み合わせ、最大スパン25mの大空間(工場用途:CLT加工施設)を確保している。
  • No.073_1(撮影:山佐木材 写真部)
  • No.073_2(撮影:山佐木材 写真部)
  • No.073_3(撮影:山佐木材 写真部)
  • No.073_4(撮影:山佐木材 写真部)

写真撮影:山佐木材㈱写真部

竣工
2017年11月
延べ床面積
982.25m2
使用したCLT
12m3
CLT利用部分
耐力壁
CLTサイズ
150 x 3,300 x 1,895mm、150 x 1,955 x 3,790mm(5層5プライ)
構造
木造ラーメン工法+CLT耐震壁 ※梁間方向鉄筋挿入集成材
設計ルート
時刻歴応答解析(評定)
防耐火
適用外
用途
工場
所在地
鹿児島県鹿屋市串良町上小原栄田150-4外
設計
(意匠)(有)建築支援ファイル (構造)鹿児島大学 塩屋晋一、黒木構造デザイン事務所
施工
国基建設㈱

日本CLT協会とは...

CLTを建築構造材として使用できるようにすること、また、将来的にはCLTを用いた中層や大規模の建築を可能にすることを目的として、2012年1月に設立されました。2014年4月からは「一般社団法人」となり活動しています。
詳しくは→

←HOME-日本CLT協会|CLT(Cross Laminated Timber)

↑ページ上部へ戻る